補修工事

きれいな水を自然に

浄化槽の設置者には環境省が定める浄化槽法により、次のことが義務付けられています。
東遠浄化槽管理センターがあなたのお宅の浄化槽をお守りします。

保守・点検

浄化槽は微生物の働きによって汚泥・汚水処理をし、きれいな水を自然に還す装置です。微生物が活動できるような環境を維持するためには、浄化槽のいろいろな装置が正しく機能しているかを点検・調整して、消毒薬の補充をすることが必要です。これが保守点検です。浄化槽の働きを維持するために、定期的な実施が定められています。この保守点検を実施できるのは浄化槽管理士(国家資格)の資格を持った者です。東遠浄化槽管理センターは登録を受けた企業です。安心してお任せください。
浄化槽の処理方法や種類、大きさによって点検回数、料金等は異なります。くわしくはお問い合わせください。

浄化槽保守点検業  県知事許可 志榛保(16)第7号

清掃

浄化槽には浄化の過程で発生する汚泥等が溜まります。その汚れを浄化槽から引き出し、槽内をきれいにするために清掃を行います。水質の悪化予防のために、年1回以上の実施が定められています。
市の浄化槽清掃許可を受けた東環クリーンが入念に清掃し、地域の環境を守ります。

牧之原市浄化槽清掃 許可番号 第23-1
御前崎市浄化槽清掃 許可番号 第23-1

その他の義務

法定検査

浄化槽が正常に機能しているか、保守点検や清掃が適正に行われているかを総合的に判断するための検査です。浄化槽法で定められている検査には2種類あり、いずれも静岡県知事の指定を受けた検査機関で受験します。

浄化槽のしくみ(合併処理浄化槽)